のり姉の気ままな日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセツネ2010 応援記 Part1

<<   作成日時 : 2010/10/14 03:09   >>

トラックバック 0 / コメント 2

第18回日本山岳耐久レース(通称:ハセツネ)の応援に行ってきました。

東京都あきる野市の山々71.5kmを制限時間24時間で走りきるという
国内屈指の山岳レースです。

その人気はもの凄く、エントリーから激戦と言われます。
今年も約2時間で約2000人の定員に到達し、締め切られたとのこと。

昨年はかねやんさんとミカンさんが出場されましたが
今年はocさんと青ちゃんというホラポスが誇るライバル対決です!

東京支部長のり姉としては、ホラポスメンバーが参加する数少ない東京での大会を
応援しないわけにはいきません。

そしてブログにコメントをくださるtokibonさん&kiyobonさんのご夫婦も出場。
今までブログのみで交流していた方と実際にお会いするのも楽しみです。

--------------------------------
10月9日(土):大会前日
--------------------------------

実は私、ハセツネは土曜日スタートとばかり思い込んでいました。
日曜日スタートだと知ったのはなんと前日の8日(金)。
危うく前夜入りどころか前朝入りするところでした。
選手以上にめちゃくちゃ気合いの入った応援隊ですよね(^^;)

この日の東京は1日中雨。
時折ザーーーーッと大きな音を立てて強く降っている様子。

これはコンディションの悪い走路になりそうだなぁ・・・


----------------------------------
10月10日(日):大会当日
----------------------------------

午前9時前に家出。
スタートの武蔵五日市に向かいます。

起きたときはまだ雨が降っていたものの、家出する頃には幸いやんでくれました。
よかった。

10:00 武蔵五日市駅改札にて2人の精鋭と合流。
先に現れたocさんは、すっきりと痩せ身体も絞れている様子が一目で見て取れました。
さすが整骨院の先生に「痩せなさい」と言われ努力したのが功を奏しているようです。

ほどなくして青ちゃんも登場。
2人は今朝早くに京都を出て上京。お疲れさまです!
さぁ私の取材活動開始!
まずは駅前で記念撮影といきますか(^^)

画像


「写真苦手なんだけどな〜」と青ちゃん。
こら! 今日はライター兼カメラマンの言う通りにしてくださいよ(笑)

画像



五日市会館までは駅から徒歩10分ほどです。

画像


スタート地点に着きました!

画像



はいっ、お2人さん、こっち向いて〜!

画像


ここが受付です。
去年とビミョーに場所が違いますね。
受付を済ませた2人は、着替えのために建物の中に消えていきました。

画像


その間、ウェアやシューズ、フードなど、出店しているたくさんのブースを見てまわります。

画像


ブースエリアをノコノコと歩いているワンちゃんがいます。
首に「PETZL」のライトをつけています。
お〜い、こっちおいで〜!

画像


よしよし(^^)
かわいい〜ン♪

画像



今回の応援にあたり、事前にここ数年のハセツネ応援した方の個人ブログなどを
読みまくり、どのような応援方法があるかを研究しました。

やはり皆さん仲間と一緒に車で各応援ポイントにまわって応援している様子。
やっぱり車がないと難しいのねぇ・・・。

私は車の免許はあることはありますが、ほとんどペーパー。
しかもまだ1人で運転したことがありません。
そんな私がレンタカーを借りて夜の山道を1人で運転・・・かなり危ないですねぇ(>_<)

もう少し調べてみると先着20名限定で第2チェックポイントの「月夜見」行きの
応援バスを利用して応援した方のブログがありました。
月夜見から五日市会館までは、リタイアした選手の収容バスに同乗しての帰還になるとのこと。
「これだ!」と思いました。


受付付近のスタッフに応援バスの申込場所のことを聞いてみる。
すると・・・

「え〜と・・・応援バスですか? え〜と、ん? あるのかなぁ? ちょっと待ってくださいね」

と反応が悪い。

少し待ち、戻って来たスタッフ曰く、
「以前はそういうのがあったんですが、応援者のマナーが悪く、やらなくなってしまったんですよ」
とのこと。

速い選手を応援する人にとってはお目当ての選手が通過したら早く次に移動したいし、
ゆっくりの選手だったら通過するまで車にはまだ待っててほしいし
それぞれがそれぞれのタイミングでわがままを言うので、収拾がつかなくなるというのがその理由らしい。
まぁ確かにそうですね。


頼みにしていた応援手段がなくなってしまって、やや途方に暮れてしまいました。
でも、何か別の方法があるかもしれない。
時間はたくさんあるから少し考えよう。


ここでtokibonさんとkiyobonさんにお会いしました。
今日私が着ている服装をメールしておいたので、tokibonさんから声を掛けていただきました。

はじめまして!!!
お守り代わりにタネ抜きの梅干し「スッパイマン」をお渡しして激励します。
頑張ってくださいね!

そしてk4さんにもお会いしました。
昨年の舞洲24時間リレーマラソン以来ですね。お久しぶりです!
彼の今回の目標は10時間切り!
6月に鎖骨を折るという大アクシデントに見舞われましたが、見事な復活です。
何というタフガイ!


着替えを済ませたocさんと青ちゃんはお昼ゴハン。
長丁場だからちゃんと食べておかなきゃね。

画像



シューズには計測チップが。
普段見慣れているチップと違いますね。
取材取材と・・・(^^)

画像



入念にストレッチするocさん。
ホント痩せたわ〜。

画像



12時25分
スタートまであと35分となりました。
そろそろ開会式が行われる五日市中学校の校庭へ移動しましょうか。

心配していた天候も快復し、青空が見えてきました。
暑いよ!

画像


・・・っとその前に、気合いの入ったショットを!
どうです?
2人の間に火花が散ってるでしょ?(^^)

画像


「1人ずつ撮って」という写真嫌いのハズの青ちゃんのリクエストに応え
ソロ撮影も。

画像


画像



まもなく開会式!

画像


画像


さて、私はスタート時の撮影ポイントを陣取るため、2人と固い握手を交わし、移動します。

去年もここでスタートを見届けました。
このポイントは直前だといっぱいになってしまい並べないので早めに陣取るのがベスト!

画像


ハセツネ恒例「Nori Tube」でスタート時の興奮をお楽しみください。
(ocさんと青ちゃんは号砲から1分58秒あたりで現れますよ!)



いってらっしゃ〜い!!

画像

画像

画像



そしてtokibonさん&kiyobonさんもスタート!



左がtokibonさん、右の黄色いウェアの方がkiyobonさん。

画像


選手が全て解き放たれ、ガラ〜ンとなった校庭。
壇上の写真を撮っていたらスタッフの方が撮ってくださいました!(^^)

画像

画像



さて、私はこの後どうしようか。
まずはお昼ゴハンを食べながら考えますか。。。
とりあえずは駅に戻ってみよう。

ユニークな柄が美しい手ぬぐいが風になびきます。

画像



駅の喫茶店でカレーパンを食べつつ地図を広げ、どうしようかと唸る。
路線バスで「都民の森」に行き、そこから20分ほど登るとコースの鞘口峠にぶつかるよと
ocさんが教えてくれたっけ。

その方法でいくと、行きは問題なくコースにたどり着ける。
鞘口峠で応援することも可能だけれど、恐らく2人がここを通過するのは夜8時頃。
その時間には帰りの路線バスはもう無い。
戻りの交通手段が無い。

武蔵五日市から都民の森まではバスで1時間ちょっと。
タクシーを呼ぶにしてもかなりの距離。
同じように応援している誰かに便乗させてもらう?
いや、確証の無い賭けに出るのは危険だ。

ダメもとでタクシー会社に電話し、夜に遠距離への迎車が可能か相談してみることに。
すると案の定渋い返答。

「その時に車があれば、行けないこともないですけど。。。」

また、片道1時間の距離をずっと「迎車」のままで走ってこなければいけないロスも
渋っている理由のひとつらしい。

そうか・・・復路タクシー作戦もダメかな。

そうこうしているうちに、この日の都民の森行き最終バスが駅に到着してしまいました。
ここでこのバスを逃したら、本当に途中応援の選択肢が絶たれてしまう。

えぇい! 乗ってしまえーー!!

14時32分 乗り込んじゃいました〜。

画像


私の中にもうひとつ案が浮かびました。

このバスの経路をよく見ておいて、自分でも運転できるかどうかを見極めて
もし行けそうだったら、最終の復路バスで駅に戻り、レンタカーを借りて再び都民の森まで来よう。

都民の森まではほぼ1本道。
迷うことはなさそう。

でも山道なんだよね。
明るいうちはいいけれど、真っ暗になったら印象変わるよな。
やっぱりちょっと不安・・・(>_<)

あ〜ン、この時ほど自分がペーパーであるのを悔やんだことはありませんでした。

画像

画像

画像


数馬バス停で乗り継ぎをし、都民の森に到着。

画像


画像



復路最終バスの発車は45分後。
これでは鞘口峠に行ってもそのままとんぼ返りするだけ。

都民の森の“さわり”だけちょっと歩いて・・・

画像

画像



結局途中ポイントでの応援は断念。
16:45発の最終便で武蔵五日市駅へ戻ります。
何やってんの、私・・・(+_+)

今頃2人はどこを走ってるのかな・・・
バスに揺られ、時計を見ながら、静かに激励の思いを込めます。

画像



おなか空きました。

これから応援も長丁場。
ガッツのあるものを食べておかなければ!
(ごめんね、私だけこんなしっかりしたもの食べて・・・)

画像



すっかり真っ暗になりました。
時刻は19時半。スタートから6時間半が経ちました。
ゴール地点に行ってみることにします。

画像


ゴールゲートの設営が行われていました。

画像


2人が戻ってくるまで、まだあと6〜7時間ほどありますが、アスファルトにペタリと座って
周りの人々の動きを眺めます。

スタートからもうすぐ8時間になろうという時、先頭の選手がまもなくゴールするという情報が
入ってきました。

優勝者を楽しみに待つ沿道の人々。

画像


21:03 先頭の選手のヘッドランプが見えると、ゴールは歓声の渦!

優勝は外国人選手でした。



その6分後、2位の選手がゴール。
日本人選手です。



すごいなぁ〜。
71.5kmの山を8時間で走りきっちゃうなんて・・・
どういうカラダしてるの!?


ゴール周辺をウロウロしていると、突然「のりさん?」の声。
誰かな?と思って声の方を見てみると、
Jog Noteでリンクさせてもらっているゆかちゃんでした!

5月に、財布を忘れ、茶屋のおばあちゃんにお水をわけていただいた、あの高尾山トレイルランの時に
途中で同じくトレイルランをされているグループとご一緒させていただきましたが
その時のお1人です。

ゆかちゃんも、Jog Note仲間の応援に来ていたのです。
ここで会うとはビックリ!!
おかげで楽しく時間を過ごすことができました!
ありがとう!


(Part2に続く・・・)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
応援ありがとう。
もっとゆっくり話したかったです。
またね
ときぼん
2010/10/18 23:11
♪ときぼんさん
お疲れさまでした!
お会いできて嬉しかったです!
この日は暑かったり雨が降ったり地面がぬかるんでたりで、本当にハードなコンディションでしたね。
どうしてもレース前はバタバタしてしまいますよね。
今度ぜひゆっくりお話しましょう!
のり姉
2010/10/18 23:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハセツネ2010 応援記 Part1 のり姉の気ままな日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる