のり姉の気ままな日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 感謝! 感謝! の長野マラソン

<<   作成日時 : 2009/04/25 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 14

4月19日(日)
長野マラソンに参加しました。

------------------------------------------------
【結果】完走
【タイム】 5時間11分01秒 (グロス)
      5時間06分01秒 (ネット)
------------------------------------------------


前日18日(土)、受付のために長野に向かいます。
いい天気だぁ!

午前10時04分発 「あさま 567号」

さぁ〜て長野新幹線はどっち!?

画像


・・・ってすぐわかっちゃいますね、左です。
やっぱり新幹線ってカッコいいなぁ〜(←鉄)

東京駅から長野駅までの所要時間は1時間40分。
意外とかかるんだなぁ〜。
途中、車窓に広がる浅間山。
我がふるさと群馬県と長野県の県境にある美しい山です。
2月に小規模噴火があって、東京でも灰が降り、車の上などにうっすらと積もったのには
ビックリしました。

今日は噴煙は出てないみたいだなぁ。

画像



11時44分、長野駅到着。

画像


今年は7年に1度の「善光寺御開帳」の年。
駅構内も華やかに装飾されていたり、ミニイベントなどを行っていて
とても賑わっています。
特に今日は善光寺観光客と、マラソンランナー及び関係者が合わさってものすごい人出です。


我らがホラポスのryuji監督が、日曜日に東京出張があるのでそのついでにと、
今日はわざわざ前夜祭として長野に足を運んでくださるとのことで
12時頃に私が宿泊するホテル前で待ち合わせることにしています。
なんとありがたい!
私は大きな荷物を預けるために、ホテルへ向かいます。

今日泊まるホテルは、長野駅の真横にある「ホテルメトロポリタン長野」。
奇跡的にキャンセル待ちが出て、滑り込みセーフで取れたホテルです。
ロビーも広くてきれいです。

フロントに荷物を預けようと、ロビーで準備していたその時・・・
私の横を通り過ぎていく人の後姿がどうも見覚えのある感じ。。。

白髪まじりの髪、ジーンズにTシャツ、足元は・・・・サンダル!!!

え、、、じじさん!?

その時私は荷物を開けっ放しにしていたので、
真偽のほどを確かめるためにその人に駆け寄ることも声をかけることもできず
その人はホテルの外へ出て行ってしまいました。

確か監督は、「もしかしたら私の他にのりさんの知ってる人がもう1人行くかも」と言っていたよなぁ。
そうか、じじさんなのかな・・・?

荷物をフロントに預け、監督に電話します。

私:「今ホテルロビーにいます。あの〜、さっきじじさんらしき人影を見たのですが・・・」

監督:「え? ちゃうよ、じじさんは来てないよ」

私:「え?? でも白髪で、サンダル履きでしたよ?」

監督:「いや、違うよ・・・」

私:「そうかなぁ・・・(そんな人滅多にいないと思うんだけどなぁ・・・)」


そして監督とご対面。すると・・・
現れたのは、監督の他に
じじさん、Nさん、まもるさん、和尚さん!!

えーーーーーっ!?
監督の出張というのは冗談だったんですって。
私を驚かせるための作戦!?!?
ものすごいサプライズでした。
びっくりしますやんか!(←ってなんで大阪弁?)

っていうか、やっぱりじじさんじゃん!!!


というわけで、総勢6名で和尚号に乗り、まずは受付場所であるビッグハットへ。
ここは1998年の長野オリンピックの際に、アイスホッケーの会場となったところです。

画像


画像



受付を無事に済ませ、参加賞のTシャツやパンフレットやゼッケンの入った袋をいただきます。
すると・・・監督も同じ袋を持っている。
あれ? 出場するのって私だけじゃなかったんだっけ???

そしてここでサプライズ第2弾!
監督が袋をおもむろに差し出した先は・・・

「ほいっ、まもる! 明日のり姉の伴走!」

まもるさんもまるで「ドッキリ」に遭ったかのようにポカ〜ンとしています。

普通いきなり前日に「明日フルマラソン走れ」って言われて平気な人はいませんが
まもるさんならその点大丈夫ですね。
私はすっかりピンで出場するものと覚悟していたので、心強いサポートです。

でも片や膝に爆弾を抱え5時間以上かかる鈍足ランナー、片やもうすくサブ3達成のホラポスエース。
「すみませんまもるさん。私ホントに遅いですよ。きっとイライラしますよ」という私に
「大丈夫!」と答えるまもるさん。
ありがとうございます。

しかしまぁホラポス恐るべし!!
そしてなんとエンターテインメント性を忘れない人々たちよ!!


決起集会!?
長野駅前「大阪王将」にて(笑)。
私はとてもお腹がすいていたのでガッツのある食事は大歓迎!(^^)

画像



14時半過ぎにお開きとなり、皆さんは宿のある志賀高原(!?)へ。
私は1人善光寺へお参りに出かけました。
牛に引かれてはいないのですが・・・。

参道は、観光客で大賑わいです。

画像



善光寺は約1400年の歴史があるお寺だそうで
本尊は誰も目にすることができない絶対秘仏。
その代わり、本尊の分身として7年に1度拝むことができるのが「前立(まえだち)本尊」。
本尊の「前」に「立」つ仏さま という意味だそうです。
今年はその前立本尊を宝庫から本堂に迎え、御開帳というわけです。

わぁ〜、素晴らしい!
初めて訪れました。

画像


せっかくですから、本堂の中に入って前立本尊様を拝みましょう。

明日の無事完走やその他諸々、お願いしてきました(^^)

引いたおみくじも「大吉」!!
やっほ〜ぅ。

参道の甘味屋さんでコレを・・・。

画像


一見普通のソフトクリームですが・・・
信州と言えば、「味噌」!
そう、「味噌ソフトクリーム」です!
確かに味噌の風味がします。
なかなか美味しかったですよ!(^^)


さて、ホテルに戻りチェックイン。
明日に備えて準備をし、早めに寝ることにします。

zzzzzz・・・・・


19日(日) 5時半起床。
今日もいい天気!
いつもの勝負服に着替え、「頼むよ!」と膝に念を入れます。

7時、和尚号に乗ったホラポスの皆さんが迎えにきてくださり、スタート地点のアクアウィングへ。
参加者が多い割にはあまりゴミゴミした混雑は感じません。
レース前の着替えやトイレなどもすんなりと済ますことができ
それだけでも気持ちに余裕が生まれ、焦りやムダな緊張感がなくなっていきます。

8時、まもるさんと共にスタート地点に移動します。
8時半のスタートを迎えるまで雑談し、リラックス。
きっと1人だったら緊張していたことでしょう。


今回の大会は、ゲストランナーとしてQちゃんこと高橋尚子選手が参加します。
Qちゃんの元気な声がスタート地点全体に流れます。
ランナーへの激励の言葉がとっても明るくてQちゃんらしい!!
「いぇーーーい!!」
「パチパチパチ・・・」(拍手)
みんな盛り上がってます!!

8時半号砲。

スタートゲートではQちゃんが手を振ってランナーを送り出しています。
彼女の目の前を通ることが出来た私たちは「Qちゃ〜〜〜〜〜〜ん!!!!」と叫びます。
こちらを向いて笑顔で手をふりかえしてくれました!

スタートロスは、ちょうど5分。

さ、いくぞ!!
周りのペースに合わせてついスピードを上げてしまいそうになりますが
そこはまもるさんが
「焦らない焦らない。ゆっくりでいい。キロ7分ペースでいいよ。」
と落ち着かせてくれます。

すると・・・

後ろの方からQちゃんが走ってきます。
近くの人はハイタッチとかしてます。いいな〜。

「あ〜〜〜、Qちゃ〜〜ん、速っ!!!」

あっという間に追い越されてしまいました(^^)

善光寺近くの商店街ではさすが観光シーズンとあって、沿道はものすごい人人人。

「頑張って〜〜〜!!」
「ありがと〜〜〜う!!」

まもるさんは走りながら沿道の人々の笑いを誘っています(笑)
こんなに沿道の応援の多い中でのマラソンは第1回東京マラソン以来かな。
とっても楽しいです♪

St.〜1km   11:55 (スタートロス5分含む)
1〜2km   6:15
2〜3km   6:34
3〜4km   6:53
4〜5km   6:43
5〜6km   7:08
6〜7km   6:25
7〜8km   6:37
8〜9km   6:25
9〜10km  5:57

ゆっくり走っているつもりでも、こう見るとやっぱり周りに引っ張られて
速く走ってしまっているのですね。


10km地点でホラポス応援団が待ち構えてくれました!
お待たせしました〜!
ありがとうございま〜〜す!!
まだまだ私も元気です!(^^)


沿道の子供たちとハイタッチしたり、
「頑張って!」「ありがとう!」の繰り返しで
あっという間に17km地点のエムウェーブに。
文字通り、Mの文字が波打つように連続している美しい屋根がひときわ目立ちます。
信州の山並みをイメージした形なんですって。
ここはスピートスケートの会場だったところです。
あの清水宏保選手の金メダル、思い出しますね〜。

ここは沿道の応援の人数がコース上で一番多かったんじゃないかと思うほど
すごい賑わいです。

ここでもホラポス応援団が!!
・・・っていうか、私の方から見つけました(笑)

「ペース大丈夫?」とまもるさんが気にしてくださいます。
膝の痛みもないし、まだまだ元気!
走ることが楽しくてしかたないです。

10〜11km   6:10
11〜12km   6:14
12〜13km   6:20
13〜14km   6:18
14〜15km   6:08
15〜16km   6:10
16〜17km   6:07
17〜18km   6:22
18〜19km   6:10
19〜20km   6:06


写真がないのが残念ですが、とってもいい景色です。
残雪の山々が遠くに見え、近くの河川敷は桜や桃の花のピンク色と菜の花の黄色のコントラストが美しく
苦しさはまったく感じません。


五輪大橋を渡り終えるとそろそろ21km、中間地点が近づいてきます。
いよいよ後半戦です。
前半はとってもいいペースで運んできました。
いつも後半にガクンと大幅ペースダウンするとはとても信じられないほどの調子の良さです。

「このままの調子で行ってくれるといいな・・・」

しかしそんな思いは徐々に打ち砕かれていくのでした。

23km手前あたりで少し右膝に違和感を感じ始め、念のためエアサロを噴きかけます。
今レース、最初のエアサロタイムです。

ここから壮絶な膝の痛みとの闘いが始まってしまいました。

痛みが出るとまずはエアサロ噴霧。
すると信じられないほど痛みがなくなってまた走れるようになります。

しかし、やはりそれも時間の問題。
徐々に「痛む」→「エアサロ」→ 「走る」 のインターバルが短くなり
痛みの度合いが強くなるに比例してエアサロタイムも増えていくのです。

時々立ち止まり処置をする私に、まもるさんが給水所から
水を数カップも持って来て私の膝に掛けてくれます。
ありがとうございます!!


30kmを目前に控えたところで再びホラポス応援団が登場。
今度はなんと大量の氷を用意してくれていました。

両膝を氷で冷やしたり、エアサロを掛けていただいたり、
ryuji監督のブログに書いてあったように、私を取り囲んで処置していただいている様子は
まるでF-1のピットのよう(^^;)
そもそも今回はたった1人で走るつもりだったため、
こんなにも手厚いサポートをしていただけるなんて、本当にありがたく嬉しかったです。

20〜21km   6:00
21〜22km   6:03
22〜23km   7:13 (ここではじめてのエアサロタイム)
23〜24km   6:25
24〜25km   7:12
25〜26km   8:04
26〜27km   6:37
27〜28km   9:26
28〜29km   8:23
29〜30km   10:24 (F-1ピットのような手厚い処置!)

30km以降はryuji監督が併走してくださいました。
私のあまりのペースダウンぶり、見るに見兼ねたのかもしれません(^^;)

32km地点で、Nさんが何かを持った手を大きく上げて駆け寄ってきてくれます。
その手には・・・
ホラポスのオフィシャルアイス、「ガリガリ君」が!

私が食べたのは「杏仁マンゴー」味。
美味しかったです。ありがとうございます!!!

その後も度々止まってはエアサロとストレッチ。
何度も中断を余儀なくされるこの状況、まもるさんに申し訳ないなぁ。。。


スタート時、16℃あった気温も、だんだんと上昇してきています。
きっと20℃を超えていることでしょう。
マラソンには暑いです。
給水所がたくさんあるのでとっても助かります。

第7関門の34.9kmまであと600mのところにある給水所で充分な給水と給食を採り、
脚にも処置を施します。
関門閉鎖まであと10分。
何とかここは通過できそうです。

関門を通過すると遠くにはゴール地点である長野オリンピックスタジアムが見えてきます。
河川敷には桃と菜の花の競演!

(photo by ryuji監督)

画像


次は最終関門の39.9km。
ここを通過すれば、制限時間の5時間を過ぎても最後まで走ることができます。

「とりあえず37kmまでは止まらずに行ってみよう!」

「イチ、ニ! イチ、ニ! 」

まもるコーチの声に従い、何とか自分を奮い立たせ、
掛けてくれるテンポに合わせて脚を動かします。

目標の地点までたどり着くと、また次の目標をまもるさんが定めてくれ
それに向かって頑張ります。

右膝の痛みは限界に達していました。
膝だけでなく、腸脛靭帯に沿って右の太腿の外側にまで痛みが増してきています。
脚を動かす角度などを微妙に変えて痛みがひどくならないような走り方を試してみますが
やはり何をしても痛みはひいていきません。
でも歩きたくない。

とにかく必死で脚を前に出し続けるしかありません。
いつのまにか沿道の応援に笑顔で返すことがキツくなり
美しい風景を楽しむ余裕もなくなってきました。
このペースで最終関門を通過出来るのかどうか、計算する頭ももうありませんでした。
早くこの苦しみから解放されたい。
でもここまで来たからには絶対完走したい。


この時私は少しでも痛みを忘れるためにいろいろなことを思いながら走りました。
走ることで得たいろいろな嬉しかったことや楽しかったこと。
汗だか涙だかわからないものが頬を伝ってきました。

無事最終関門の39.9kmを通過。
閉鎖の何分前だったかはあまり覚えていませんが、たぶん5〜6分前だったかと思います。

やった!
これで最後まで走れる!!
40km地点を過ぎたところで最後にもう1度だけ膝に処置を施し、ラスト2.195km!!

残り2kmを過ぎたところで時計をふとみると、5時間を過ぎていました。
あぁ残念。でもいい。最後まで走れるのだから・・・。

長野オリンピックスタジアムに入る直前に、じじさんが声を掛けてくれました。
手を大きく振り返し、スタジアム内へ。

スタジアムを4分の3周し、ゴーーーーーール!!!!!
またまた涙。。。


目標の5時間切りはなりませんでしたが
福知山の時よりグロスで18分、ネットで16分縮めることができ、一応自己ベストです。

30〜31km   7:47
31〜32km   9:08
32〜33km   9:38
33〜34km   9:05
34〜35km   8:26
35〜36km   8:06
36〜37km   8:49
37〜38km   8:40
38〜39km   8:07
39〜40km   7:17

40〜41km   8:57 (最後にもう1度だけ膝にエアサロ掛けて、気合い充填!)
41〜42km   6:42
42 〜Goal   1:12


念願のサブ5は次回の宿題となりました。
でも福知山の時にできなかったことが長野でできるようになっていたこともあり
亀の歩みほどだけれど、少しずつ進歩しているのかな。
自分なりに次への課題も見つけることができました。

また一からトレーニングして
次こそは絶対にサブ5!!!


レース後はみんなでお風呂へ出かけ、
お風呂あがりはビールで乾杯!!!


今回もまもるさんを始めホラポスの皆さんに支えられて完走することができました。
1人だったら絶対に関門で引っかかっていたことでしょう。
本当にありがとうございました。

メールで応援してくださった方、遠方から応援電波を送ってくださった方
本当にありがとうございました。
嬉しかったです!


長野マラソン、本当に素敵な大会でした。
ランナーが選ぶ人気大会ランキングで常に3本の指に入る大会、納得です!!!
来年も絶対参加します!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
感動の超長編やね(^-^)v
お疲れさんでした
自己記録更新! おめでとうさん ほんまによう頑張ったな これでまた大きくなったやん
感動をおおきに!
ryuji1962
2009/04/26 05:32
痛みに耐えてよく頑張った!感動した!(あれ?どっかで聞いたぞ。)
ホラポス首脳陣が長野に行ったって知った時は私もサプライスでした。
そんなみんなの応援に応えて最後まで諦めなかったのりさんもエライですが、わざわざ長野まで行ったみんなもエライねえ・・・(え?高速代1000円やからか?そんな事ないよねえ。いやチョッとはあるかも)
亀オヤジ
2009/04/26 22:39
高速代は安いですけど
アルコール代は高いでっせ!
ryuji1962
2009/04/26 23:09
すみません、忘れてました。
みんな燃費悪いもんね。(除く、和尚号)(^^;
亀オヤジ
2009/04/27 12:24
自己ベスト、おめでとうございます。
膝が限界にもかかわらず、最後まで諦めずにゴールされて、
自分自身への勝利ですね!素晴らしいです!
かねやん
2009/04/27 12:38
のり姉さ〜ん
ブログ楽しみにしていました
しかもなんか絵文字が知らない間に増えてますね
前からかな。そんなことより
長野マラソンお疲れさまでした〜
そして自己ベストおめでとうございます
のり姉さんのブログ読んで、
あ〜マラソンってやっぱいいなぁって思いました
楽しかったり、辛かったり、人の温かさを感じたり、
色んなこと考えるのもわかる〜って思ったし、
走り抜いたときの充実感とか最高ですよね
でもフルマラソンって改めて長い道のりなんですね〜
本当に自分に走れるのかなって思いました。
膝、お大事になさってくださいね
かな
2009/04/27 23:48
♪監督
ブログUp、お待たせしました!
書き始めるとどうしても長編になってしまうもので・・・(^^;)
いやぁ〜今回も本当にお世話になりました!
っていうか、本当にビックリしましたよ!
じじさんのフライング登場には笑いましたけど(^^)
いつもいつもありがとうございます!
そしてなかなかすんなりとレースできなくてすみません!!
次こそはサブ5しますから!!!
のり姉
2009/04/28 00:39
♪亀オヤジさん
おっと、懐かしいフレーズですねぇ!(^^)
ほんとホラポス恐るべしですよ。
この機動力には脱帽です!
そっか、高速代1000円かぁ!
その割には乗っている人のためのガソリン代が異常に高いですね(爆)
燃費悪すぎですね、あはは。
長野はとてもいい大会でしたよ。
今度はみんなで走りたいなぁ〜
な〜んて、やっぱり長野は遠いかな??(^^;)
のり姉
2009/04/28 00:44
♪かねやんさん
ありがとうございます!
自己ベストは嬉しいのですが、毎回痛くなるこの膝もどうにかしたいところですね・・・。
この日はとてもいい天気で腕や顔が日焼けしてしまったのですが、今、腕の部分の皮が剥けてきてむずがゆいです(>_<)
かねやんさんも萩往還もうすぐですね!
また睡魔との闘いでしょうか?
頑張ってきてください!!
のり姉
2009/04/28 00:48
♪かなちゃん
ひときわ華やかなコメントありがと〜う!!
私のパソコンはMacなんだけど、この絵文字、Macに対応してないみたいでお返事が華やかにできなくてゴメンね〜(>_<)
マラソンはキツいけれど、それだけ達成感はあるし、
ただ走るだけの競技ではなくて、それこそ“人生の縮図”みたいな奥深さがあって、経験した人だけが味わえる感動があります。
だからぜひかなちゃんもチャレンジしてみてください!
かなちゃんほどの走力ならサブ4だって狙えるよ!
私も膝早く治して、また秋のフルマラソンシーズンに向けて頑張るよ!!
のり姉
2009/04/28 00:55
自己ベストおめでとうございます!
ちょうど朝、TVでご開帳の取材やってて、
「あーのリ姉さん行ってるんだな」
と思って見てました。
膝の不調にもめげず、見事な自己ベスト完走すばらしいです。
おめでとうございました!
oc
2009/04/28 18:10
♪ocさん
応援電波ありがとうございました。
先月の京都ハーフにしても今回の長野にしても
ハーフまでは膝も痛くならず好調なのですが
それ以上になると必ず襲われる膝の痛みと
タイムの落ち込み・・・
どうしてなんだろう?っていつもすごく悔しくなります。
やっぱり太腿周辺をもっと鍛えないといけないんですね。
次こそは絶対4時間台!!
和尚さんからいただいた長野の写真には
善光寺でレポートするラッシャー板前の姿が写ってました。
ocさんが見たのはコレですね?
のり姉
2009/04/29 23:20
完走、自己ベスト、おめでとう!
ハーフまでの快走には驚きました
23kmからペースダウンしたけど
最後はのり姉のド根性を魅せられた想いです。
ホントに楽しい2日間でしたね〜
膝さえ治れば4時間半は確実にクリアできますよ
だから焦らないで頂戴!!
トップバッターまもる
2009/04/30 10:11
♪まもるコーチ
本当にありがとうございました!!
まもるさんも突然の伴走宣告はサプライズだったでしょうね。
ハーフまでのペースで最後まで行ければよかったのですが
やっぱりペースダウンでしたね。
ホント、急激に来るんですよ・・・(>_<)
まもるコーチの厳しくも優しいサポートのおかげで
何とか完走することができました。
楽しかったです!
また一からトレーニングしてサブ5、いや4時間半を目指しますよ!!
のり姉
2009/04/30 23:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
感謝! 感謝! の長野マラソン のり姉の気ままな日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる